WordPress

WordPressパーマリンク|SEOに強い設定とは?

パーマリンクアイキャッチ

WordPressのパーマリンク設定はどのように設定するのがSEOに効果的なのでしょうかオススメ度

ここでは

  • パーマリンクとは何なのか
  • SEOに効果的なパーマリンクの設定方法

について説明をしますね。

パーマリンクとは?変更注意点

パーマリンク(Permanent link:恒久的なリンク)とは、「サイト内の各ページ1つ1つに割り当てられるURL(記事のURL)」のことです。

この意味のとおり、パーマリンクは記事を作成したら変更しないようにしましょう。

パーマリンク(記事のURL)を変更した時の障害

パーマリンク(記事のURL)を変更すると以下のようなことがおこります。

「他サイトからの被リンク」や
「ソーシャルメディアで拡散された被リンク」
からのアクセスが集められなくなる。

※パーマリンクを変更すると記事のURLが変更され、拡散されたURLと異なってしまうため。

 

時間経過とともに上がっていた
検索エンジンからの評価がリセットされてしまう。

※GoogleやYahooなどの検索エンジンからの記事の評価は時間経過とともに上がります。

よって途中で変更すると上位表示されにくくなりますね。

上記のように、パーマリンクの変更は集客やアクセス数に悪い効果を与えてしまいます。

サイト運営の初めに重要性を理解して設定し、絶対に変更しないようにしましょう。

パーマリンクのSEOに強い設定と使い方!

では、どのようなパーマリンク設定がSEOに強いのか?
また、効果的なのでしょうか?

Googleの推奨している設定をみてみます。

以下は、Google検索セントラルにある
Gopogleの説明文です。

Google検索セントラル

URL構造はシンプルなものとする

パーマリンクの作成のPOINTは以下です。

  • できる限り短いもの
  • 内容が理解しやすいURLにする
  • 「-(ハイフン)」を使って理解しやすいように区切る
  • 「_(アンダーバー)」は使わない

Googleの考えにそってパーマリンクを設定しましょう。

では、具体的にパーマリンクをどのように設定していくのかを説明します。

パーマリンクの設定方法

ダッシュボードの「設定」から「パーマリンク設定」をクリックします。

パーマリンク

そうするとこの画面になります。

こちらは、デフォルトの画面です。
パーマリンク設定のデフォルト画面

赤枠にあるように、「カスタム構造」へコード(このサイトのパーマリンクの設定画面)を入れます。
パーマリンク 設定

コードはこちらをコピペしてください。

 

「変更を保存」をクリックします。
変更を保存

これで、パーマリンク設定は完了です。

パーマリンクの共通設定の意味

そもそも、パーマリンクの共通設定とはなんでしょうか。
以下の項目について説明をします。

  • 基本
  • 日付と投稿名
  • 月と投稿名
  • 数字ベース
  • 投稿名
  • カスタム構造

https://ドメイン/?p=123(ドメイン/?p=固有ID )

固有IDが自動的に付与される設定です。

■メリット

自動で固有IDが付与されるため、記事作成時にURLの入力が不要。

■デメリット

Googleの「可能な場合はIDではなく、意味のある単語を使用」に反しており、URLから記事の内容が想像できません

日付と投稿名「https://ドメイン/2021/01/04/sample-post/」(ドメイン/年/月/日/投稿名)

■メリット

  • 記事の年月日が一目瞭然。
  • 投稿名で記事の内容を示すことが可能。

■デメリット

  • 階層が深くなり、シンプルなURLとは言えない。
  • 記事作成時に投稿名の入力が毎回必要。

月と投稿名「https://ドメイン/2021/01/sample-post/」(ドメイン/年/月/投稿名)

②と比べ、日付は含めない設定。

メリットとデメリットは②と同様

数字ベース「https://ドメイン/archives/123」(ドメイン/archives/固有ID)

①の「ドメイン/固有ID」の間に
「archives」が挿入された形。

メリットとデメリットは①と同様。

投稿名「https://ドメイン/sample-post/」(ドメイン/投稿名)

■メリット

  • シンプル。
  • 投稿名で記事の内容を示すことが可能。

■デメリット

  • 記事作成時に投稿名の入力が毎回必要。
  • 記事が新しいのか古いのかURLから判断できない

カスタム構造

カスタム構造はその名の通り、
自由にパーマリンクを設定することができます。

以下のタグを組み合わせて、
オリジナルのパーマリンクを設定します。

カスタム構造のタグと意味
タグ 意味
%year% 投稿時の年を4桁で表示
%monthnum% 投稿時の月を2桁で表示
%day% 投稿時の日を2桁で表示
%hour% 投稿時の時間を2桁で表示
%minute% 投稿時の分を2桁で表示
%second% 投稿時の秒を2桁で表示
%post_id% 記事の固有IDを表示
%postname% 投稿名を表示
%category% カテゴリーを表示。子カテゴリーも。
%author% 投稿者を表示

これらのタグを使用し、自由にパーマリンクを設定できます。

オススメ度NO.1:/投稿名-固有ID「%postname%-%post_id%」

その中でオススメ度NO.1は、/投稿名-固有ID「%postname%-%post_id%」です。
このサイトのパーマリンクにも設定されている
この設定がおすすめです。

■メリット

  • 記事の内容がわかりやすい
  • 比較的URLを短くできる
  • 固有IDから投稿の新しい、古いがわかる

■デメリット

記事作成時に投稿名URLの設定が必要

パーマリンクは英語で設定

パーマリンクは英語で設定することをおすすめします。

日本語URLだと見た目にわかりやすく、SEOにも有利と言われたりします。

しかしリンクを貼り付けた際に、長い文字列に変換されてしまいうのでおすすめしません。

例えば、アマゾンのURLは日本語が多いため、アマゾンのページで見てみるとわかりやすいです。

アマゾンの商品紹介ページなどのURLをコピーして、メモ帳などに貼り付けてみてください。

たくさんの英数字や日本語でURLが長くなってしまいましたよね?
例えば、こんな感じ。
アマゾンコード
URLが長くなってしまうと、ブログやSNSなどで紹介しづらいというデメリットになります。

日本語URLはSEO上有利というメリットがあるのですが、上記のデメリットもあります。

メリット・デメリットを理解した上で設定しましょう。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

記事が少しでもお役にたるものだと思われたら、
下のボタンからシェアをして頂けると嬉しいです。

ブログの始め方・稼ぎ方をまとめた7日間無料の「副業ブログ講座」を開設中です。

↓↓↓メルマガ登録は下のフォームから↓↓↓

友だち追加