WordPress

Googleアナリティクスの基本的な使い方!アクセス数と参照元を確認

アクセス

今回はGoogleアナリティクスの
具体的な使い方を紹介します。

Googleアナリティクスは
機能が多いことは良いことなんですが、
機能が多すぎて逆に、「アクセス数さえわかればいいや」と
深く学ぼうとしない人も多いです。

トレンドサイトに関して言えば、
確認するデータはある程度決まっています。

今回は最低限理解しておくべき
Googleアナリティクスの使い方を紹介します。

現在のアクセス数を確認する方法

Googleアナリティクスへのログインして、
レポートを開きます。

Googleアナリティクスへのログイン方法は以下を参考にしてください。
→ Googleアナリティクスへのログイン方法

 

左メニューから「リアルタイム」
→「概要」をクリック。
Googleアナリティクスのリアルタイム-サマリー
その瞬間のサイト全体のアクセス数を確認できます。
現在のアクセス数
また下記の内容を確認することができます。
・上位の参照元
・上位のソーシャル関連のトラフィック
・上位のキーワード
・上位のアクティブページ
上位の参照元・ソーシャル関連のトラフィック・キーワード・アクティブページ

任意の期間のアクセス数を確認する方法

左メニューから「行動」→「概要」をクリック。
Googleアナリティクスの行動サマリー
画面を開いたら右上にある日付を変更することにより、
解析期間を設定することができます。
Googleアナリティクスの期間設定で日付を変更
日付をクリックすると以下のように変更画面が開きます。

変更したら「適用」をクリックします。
Googleアナリティクスの期間設定で日付を変更
以上で、解析期間の設定が完了です。
期間を指定したらアクセス数を確認していきます。

まず、以下のようにグラフでアクセス数の推移を確認できます。
ページビュー数の推移
グラフの右上にある「時間別」のボタンで、
グラフの表示方法を変更することが可能です。
次に、グラフの下には以下のようなデータがあります。

・ページビュー数
・ページ別訪問数
・平均ページ滞在時間
・直帰率
・離脱率

また、以下3つのデータはGoogleアナリティクスと
Googleアドセンスをリンクさせることによって表示されます。

・AdSenseの収益
・AdSenseのページ表示回数
・表示されたAdSense広告ユニット

Googleアナリティクスの行動サマリーのデータまとめ
そして、その下には記事ごとのアクセス数が
ランキングで表示されています。
Googleアナリティクスの行動サマリーのページごとのページビュー数
デフォルトでは記事のURLが表示されますが、
「ページタイトル」をクリックすると、
記事タイトルで表示され見やすくなります。
Googleアナリティクスの行動サマリーのページタイトルごとのページビュー数

どのような記事、ジャンルにアクセスが集まっているのか、
把握することができます。

参照元(どこからアクセスが来ているのか)を確認する方法

次に、参照元(どこからアクセスが来ているのか)を
確認する方法を紹介します。

左メニューから「集客」→「概要」をクリック。
Googleアナリティクスの集客サマリー
少し下にスクロールさせると以下のような表示があります。
12-Googleアナリティクスの集客サマリー4種類の参照元-Organic-SearchとDirectとReferralとSocial
この表示は以下のような参照元を示しています。

Organic Search:検索エンジンからのアクセス

Direct:ブックマークや直接URLを入力して接来たアクセス

Referral:他サイトに貼り付けられたリンクからのアクセス

Social:TwitterやFacebookなどのSNSからのアクセス

 

また、それぞれの項目をクリックすることによって、
詳細を確認することも可能です。
以上、今回は

・現在のアクセス数を確認する方法
・任意の期間のアクセス数を確認する方法
・参照元(どこからアクセスが来ているのか)を確認する方法

を紹介しました。

トレンドサイトの場合は、
基本的に検索エンジンからのアクセス
考えて問題ありません。

まず、今回紹介した方法で
どんなジャンルにアクセスが集まるのか
把握するようにしましょう。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

記事が少しでもお役にたるものだと思われたら、
下のボタンからシェアをして頂けると嬉しいです。

ブログの始め方・稼ぎ方をまとめた7日間無料の「副業ブログ講座」を開設中です。

↓↓↓メルマガ登録は下のフォームから↓↓↓

友だち追加