WordPress

WordPressで改行できない(反映されない)時の解決策!プラグイン不要

矢印

WordPressで記事を書いている時に
思った通りに改行できないことや
改行が反映されないことはありませんか?
WordPressでは、
以下のように記事作成時に空白行を2行空けても
記事として見た時は改行は1行分になってしまいます。

↓記事作成画面    ※テキストエディタ
WordPress記事作成時に2行分の空白行

↓記事プレビュー画面

WordPress記事プレビュー確認時に1行分の空白行
そのような時の対策として
プラグインを使用する方法もありますが、
プラグインを停止するとすべての記事の改行が
反映されなくなってしまいます。

※プラグイン同士の相性が悪い場合、
プラグインを停止しなければいけなくなる場合も多々あります。
今回紹介する方法はプラグインを使用せず、
シンプルな方法ですのでおすすめです。

WordPressでの改行方法 :  (半角スペース)

「 」は半角スペースを示すhtmlタグです。

※  の呼び名は「ノーブレークスペース」です。

htmlタグで半角スペースを挿入することにより、
2行以上改行することが可能です。

↓記事作成画面
半角スペースのhtmlタグを入力
↓記事プレビュー画面
半角スペースのhtmlタグを入力した時のプレビュー画面
↓ソースコード

 

2つ目の「 」は入力せず、
空白行だけでも2行の空白になります。

1行分の空白行は認識してくれるということです。

WordPressでの改行方法 : <br/>

WordPressのバージョンによっては
<br/>は反映されないので、
上で紹介した「&nbsp;(半角スペース)」を
使用する方法をおすすめします。

 

「<br/>」は改行を示すhtmlタグです。

htmlタグと実際の改行の個数関係が少し理解しにくいので、
記事作成時と記事プレビュー画面を注意深く確認してください。

↓記事作成画面
改行のhtmlタグbrを入力
↓記事プレビュー画面
改行のhtmlタグbrを入力した時のプレビュー画面
↓ソースコード

 

以上のように、
記事作成時に「Enter」を押して改行した場合は
<br/>タグか<p>タグが自動的に追記されます。

※ソースコードを確認してみてください。

<br/>を入力して改行する場合は
空白行が多くなりがちですので、
空き過ぎてないかプレビューで確認しましょう。
以上、
今回はWordPressで改行できない(反映されない)時の
対策方法を紹介しました。

簡単にできる方法ですので、ぜひ使ってみてください。

「&nbsp;」や「<br/>」の
どちらを使用しても問題ありませんので
使いやすい方を使ってください。
半角スペース「&nbsp;」を入力する方法の方が
感覚的に使いやすいのではないかと思います。

また、「&nbsp;」や「<br/>」タグを
毎回入力するのは少し手間になってしまうので、
プラグイン「AddQuicktag」を利用して
ボタンをクリックするだけで
タグ入力できるように設定しておきましょう。

 

最後に。

今回の内容はテキストエディタを
使用することを前提条件として紹介しています。

WordPressでは、
ビジュアルエディタとテキストエディタを使用できますが、
テキストエディタを使用することをおすすめします。

テキストエディタを勧める理由に関しては、
以下の記事で説明しています。

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

記事が少しでもお役にたるものだと思われたら、
下のボタンからシェアをして頂けると嬉しいです。

ブログの始め方・稼ぎ方をまとめた7日間無料の「副業ブログ講座」を開設中です。

↓↓↓メルマガ登録は下のフォームから↓↓↓

友だち追加