WordPress

カテゴリーとタグの違い(使い分け)やSEO対策の意味は?

カテゴリー

WordPressで記事を投稿する際、
カテゴリー選択とタグ入力or選択があります。

WordPressを初めて使う時は、

  • タグって何?
  • タグはどういう時に使うの?
  • カテゴリーとタグの違いは何?
  • カテゴリーとタグの使い分けは?
  • カテゴリーやタグはSEO対策の意味はあるの?

 

このような疑問を持つのではないでしょうか?
(私は持ちました)
そこで今回はこれらの
疑問に解決していきたいと思います。

カテゴリーとタグの違い・使い分けは?

まず、カテゴリーとタグの特徴を説明します。

カテゴリーとタグの違い・特徴

  • カテゴリーは記事をジャンルで分類する。
  • タグは記事をキーワードで分類する。
  • カテゴリーは親子の階層構造の作成が可能。
  • タグは親子の階層構造の作成は不可能。
  • タグはカテゴリー間をまたいで分類が可能。

 

これらカテゴリーとタグの特徴を
踏まえた上で、カテゴリーとタグの
使い分け方法を紹介します。

カテゴリーとタグの使い分け

  • カテゴリーは各記事に基本的には1つだけ設定。
  • タグは各記事に基本的には1つで最大3つ設定。

 

カテゴリーは、ジャンルを分類するために使用し、
タグは、キーワードで分類するために使用します。

記事のジャンルは分類しやすいですが、
タグはなかなか難しいと思います。

タグを毎記事に付けている方は
タグによっては1記事しかない
という状態だったりすると思います。

ですので、個人的には「タグは使用しなくても良い」
と考えています。

理由としては、

  • カテゴリーで十分分類できる。
  • サイト内検索でキーワード検索は可能。
  • 記事ごとにタグを入力する工数削減。
    (SEO対策として考えられる効果の低さ)
  • タグよりもまとめ記事を作成し、
    読者に分かりやすく説明するほうが良い。

からです。
 

また、Googleの社員である
Matt cuttsさんのサイトは
google Matt Cutts マット・カッツ ブログ カテゴリー使用 タグ不使用

カテゴリーのみ使用しており、
タグは使用されていません。

Matt cuttsさんのサイト
→ Matt Cutts: Gadgets, Google, and SEO
(https://www.mattcutts.com/blog/)

このようなことからも
タグは使用しなくて良いと考えています。

カテゴリーもタグも読者のためにあります。

これらを使う目的は読者がほしい情報を
見つけやすくするためです。

タグを使った方が読者にとって良いと
判断できる場合のみタグは使ってください。

カテゴリーとタグのSEO対策の意味は?

SEO対策の考え方としては、

「ユーザービリティが高くなる方法は
SEO対策の意味がある」

と考えて問題ありません。

カテゴリーで分類することにより
読者が見たい記事を探しやすくなります。
また、サイトマップの記事一覧では
以下のようにカテゴリーごとに整理されます。
WordPress サイトマップ 自動生成 作成 おすすめ プラグイン PS Auto Sitemap スタイル デザイン 5 蛍光ペン

カテゴリーを付けていない場合は、
サイトマップはただ単に記事のリンク集
となってしまうので記事が探しにくいです。

したがって、カテゴリーは記事ごとに
しっかり設定しましょう。

タグも有効に使用されれば
カテゴリーと同様にSEO対策
として意味を持ちます。

ただし、カテゴリーよりも使い勝手が悪いです。
私のおすすめとしては、
カテゴリーは使用し、タグは使用しない
という使い方です。

カテゴリーでは分類しきれない場合、
タグを使用して綺麗に分類するのも
いいかもしれませんが、

上にも書いたように、まとめ記事を作成して
説明しながらリンクを貼ったほうが
読者にとってわかりやすくなります。

タグよりもまとめ記事を作成しましょう。
以上、カテゴリーとタグの違いや使い分け、
SEO対策の意味を紹介しました。

読者にとって
どのようなサイト構造が見やすいのか、
探しやすいのかを考えることが大切です。
そうすれば自ずとサイトの評価が上がっていきます。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

記事が少しでもお役にたるものだと思われたら、
下のボタンからシェアをして頂けると嬉しいです。

ブログの始め方・稼ぎ方をまとめた7日間無料の「副業ブログ講座」を開設中です。

↓↓↓メルマガ登録は下のフォームから↓↓↓

友だち追加