WordPress

Google Search Consoleの登録方法・設定方法・使い方を解説

グーグルサーチコンソール

Google Search Consoleとは
(旧ウェブマスターツールとは)
Googleが無料で提供しているサイトの管理ツールです。

※ウェブマスターツールは2015年5月に
Search Consoleに名称変更されました。

Googleは次のように公表しており、
検索順位を上げるためには必須のツールだと言えます。

Search Console に登録しなくても
Google 検索結果にサイトが表示されるようにすることはできますが、
Search Console に登録することで、
Google のサイトに対する認識を理解し、改善できるようになります。

→ Search Console ヘルプ
(https://support.google.com/webmasters/answer/4559176?hl=ja)

 

Search Consoleのメリットはこちら。

  • インデックス(検索結果への表示)高速化
  • サイトマップの送信(SEO対策)
  • クエリ・検索結果順位の確認(分析機能)
  • 検索結果に表示・非表示の設定
  • 被リンクの把握

などがあります。
↓次の動画は、Googleが作成したSearch Consoleの説明動画です。


Googleと仲良くなり、
多くのユーザーに訪問してもらえるよう
Search Consoleを活用していきましょう。
Search Consoleは
同じGooleが提供するアクセス解析の
Googleアナリティクスから登録できます。

それでは、Googleアナリティクスから
Search Consoleの登録方法や使い方を紹介します。

GoogleアナリティクスからGoogle Search Consoleの登録方法

まず以下のページを参考に
Googleアナリティクスへのログインと設定をします。

→ Googleアナリティクスとは?設定方法・トラッキングコードの設置方法の説明
Googleアナリティクスの「管理」をクリックします。
Googleアナリティクスの管理
「プロパティ」の「プロパティ設定」をクリックします。
ロパティのプロパティ設定
「プロパティ設定」にある「Search Consoleを調整」クリックします。
SearchConsoleを調整
「追加」をクリックします。
SearchConsoleの設定
「Search Consoleにサイトを追加」をクリックします。
SearchConsoleにサイトを追加
「OK」をクリックします。
SearchConsoleへのサイトの追加
Search Consoleの画面が表示されるので、
「今すぐ開始」をクリックします。
SearchConsoleの今すぐ開始
「URLプレフィックス」にブログのURLを入力
→「続行」をクリックします。
URLプレフィックスにURLを入力
「所有権を自動確認しました」と表示されれば、
Search Consoleへの登録は完了です。
所有権を自動確認しました
次の「URL検査」をするために
「プロパティに移動」をクリックしておきます。
プロパティに移動

以上で、Googleアナリティクスから
Search Consoleを登録する方法が完了です。
次にSearch Consoleの使い方を紹介します。

Google Search Consoleの使い方:「URL検査」で強制インデックス

サイトを開設したばかりの時期は、
記事を投稿してもインデックスされるまでに
時間がかかってしまいます。

そんな時にSearch Consoleが活躍します。
Search Consoleの「URL検査」を使うと、
書いたばかりの記事を早期に
インデックスさせることが可能です。

以前は「Fetch as Google」という名前でしたが、
新しいSearch Consoleでは「URL検査」に変わりました。

以下に使い方を紹介します。
Search Consoleの「URL検査」をクリックします。
Search ConsoleのURLの検査
ページ上部にある検索バーにインデックスさせたいURLを入力し、
Enterキーを押します。
※ドメイン名も含めた完全なURLを入力してください。
Search-ConsoleのURLの入力
「Googleインデックスからデータを取得しています」
と表示されるので、しばらく待ちます。
Search-Consoleのインデックスからデータを取得しています
URLがインデックスされていない場合、
「URLがGoogleに登録されていません」と表示されるので、
「インデックス登録をリクエスト」をクリックします。
Search-Consoleのインデックス登録をリクエスト
「公開URLがインデックスに登録可能かどうかをテストする」
と表示されるので、しばらく待ちます。
Search-Consoleの公開URLがインデックスに登録可能かどうかをテストする
「インデックス登録をリクエスト済み」が表示されれば完了です。

「OK」をクリックして画面を閉じます。
Search-Consoleのインデックス登録をリクエスト済み
操作直後にインデックスされる訳ではないですが、
数分後にはインデックスされます。

インデックスされたかどうかを確認する時は、
サイトのURLの前に「site:」を入力して、
Google検索窓に打ち込むと確認できます。
Google Search Console(ウェブマスターツール) 登録方法 設定方法 使い方 インデックスの確認

インデックスされている場合は検索結果に表示され、
まだインデックスされていない場合は、
「一致する情報は見つかりませんでした。」と表示されます。

↓インデックスされていないURLの時の検索結果
インデックスされていないURLを確認した時
記事を投稿したら、毎回すぐに「URL検査」で
インデックスさせることをおすすめします。

以上、Search Consoleの登録方法や使い方を紹介しました。
SEO対策として効果的ですので、必ず使うようにしましょう。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

記事が少しでもお役にたるものだと思われたら、
下のボタンからシェアをして頂けると嬉しいです。

ブログの始め方・稼ぎ方をまとめた7日間無料の「副業ブログ講座」を開設中です。

↓↓↓メルマガ登録は下のフォームから↓↓↓

友だち追加