WordPressプラグイン

WordPressリンク切れプラグインBroken Link Checker設定と使い方

Broken Link Checker

WordPressサイトの記事内に
他ページへのリンクを貼りますよね。
(内部リンク、外部リンク、YouTube動画など)

その貼ったリンク先のページが
削除された時の対応はしてますか?

リンク先が削除されたことに
気付かずにそのままにしておくと、

読者にとってもサイト運営者にとっても
不都合が生じてしまいます。

そして、検索エンジンからの評価が
下がってしまう可能性があります。

その対策として便利なWorPressプラグイン
「Broken Link Checker」を紹介します。

リンク切れのチェックツールは
「Broken Link Checker」さえあれば十分です。

Broken Link Checkerのインストールと有効化

ダッシュボードの「プラグイン」
→「新規追加」をクリックします。
WordPressのプラグインの新規追加
「Broken Link Checker」を検索して、
「今すぐインストール」をクリックします。
Broken-Link-Checkerの検索とインストール
「有効化」をクリックします。
Broken-Link-Checkerの有効化
以上で、「Broken Link Checker」の
インストールと有効化が完了です。

「Broken Link Checker」の設定は
デフォルトのままで問題ありませんが、
どのような設定ができるのかを
簡単に紹介します。

Broken Link Checkerの設定

ダッシュボードの「プラグイン」
→「インストール済みプラグイン」→
「Broken Link Checker」の「設定」をクリックします。
Broken-Link-Checkerの設定

一般

リンクチェックの間隔や
メールの送信などの設定が可能です。
Broken-Link-Checkerの設定の一般

含まれるリンクを探す

リンクエラーの確認をする対象を指定します。
Broken-Link-Checkerの設定の含まれるリンクを探す

チェックするリンクの種類

Broken-Link-Checkerの設定のチェックするリンクの種類

プロトコル&API

MediaFireとRapid Shareを
使用している場合はチェックします。
Broken-Link-Checkerの設定のプロトコルAPI

高度な設定

サーバー負荷の調整などを設定できます。
Broken-Link-Checkerの設定の高度な設定

Broken Link Checkerの使い方

Broken Link Checkerの使い方は単純です。

「Broken Link Checker」が
リンクエラーを発見したらメールが送信されます。

※デフォルトではダッシュボードの
「設定」→「一般」内に入力された
メールアドレス宛。

以下のようなメールが届きます。
Broken Link Checkerからのリンクエラーメール
ソースには、リンクエラーが発見された記事の
タイトルが表示され、クリックするとその記事を
確認することができます。

リンクエラーに対応した記事更新をします。
記事更新が終わったら、メールにある
「すべてのリンクエラーを見ることができます」
をクリックしてリストを表示させます。

※ダッシュボードの「ツール」
→「リンクエラー」でも同じです。

対応した記事に関しては
「リンクエラーでない」をクリックします。

以上が、「Broken Link Checker」の使い方です。

有効化するだけで機能し、
使い方も非常に簡単で便利なプラグインです。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

記事が少しでもお役にたるものだと思われたら、
下のボタンからシェアをして頂けると嬉しいです。

ブログの始め方・稼ぎ方をまとめた7日間無料の「副業ブログ講座」を開設中です。

↓↓↓メルマガ登録は下のフォームから↓↓↓

友だち追加