作業効率化

EXCELエクセルで文字列を結合する方法(関数)!空白や文字挿入も

エクセル

今回はExcel(以下エクセル)の便利な使い方を紹介します。

Excelはほとんどの方が使ったことがあると思いますが、
Microsoft社が販売している表計算ソフトです。

会社の仕事ではもちろん、ブログやサイトの記事作成でも
効率化できるツールです。

たくさんあるExcelの便利機能ですが、
今回はその中から文字列を結合する方法(関数)
を紹介します。

文字列を結合するだけではなく、
空白スペースを入れたり、
任意の文字を挿入することも可能
です。

エクセルで文字列を結合する方法

では、さっそく文字列の結合方法を紹介します。

まず前提として、以下のように入力されているとします。
エクセルで文字列を結合する方法

セルA1:abc、セルB1:def
これらを結合し、

エクセルで文字列を結合する方法 2

セルC1:abcdef

と表示されるようにします。
結合方法は以下のとおりです。
エクセルで文字列を結合する方法 3

C1セルの中に「=A1&B1」と入力します。
※すべて半角英数字です。

これだけです!
知ってしまえば簡単ですよね^^

この「&」を使用することによって
セルをつなげることが可能です。(何個でも)

 

エクセルの文字列結合時に空白スペースや任意の文字を挿入する方法

では次に、文字列結合の応用編です。

空白スペースや任意の文字を挿入する方法
を紹介します。
例えば、セルC1:abc def
エクセルで文字列を結合する方法 空白スペース

と「abc」「def」の間に
空白スペースを表示させるには、

エクセルで文字列を結合する方法 空白

C1セルの中に「=A1&” “&B1」と入力します。
 

もう1つ例を紹介します。

エクセルで文字列を結合する方法 文字列挿入

セルC1:abcdefです。

と表示させるには、

エクセルで文字列を結合する方法 文字列挿入 2

C1セルの中に「=A1&B1&”です。”」と入力します。
この「”(ダブルクォーテーション)」
で囲まれた部分は自由に入力することが可能です。

式の中には基本的に
半角英数字でなければいけませんが、
「”」の間だけは自由です。

 

エクセルの文字列結合を使って記事内に表(テーブル)を作成する方法

ここまで紹介してきた
エクセルの文字列結合を使用することによって
記事内に表(テーブル)を作成することを効率化
することができます。
例えば、以下のような表を作るとします。

No. プラグイン名 機能
1 AddQuicktag 装飾コードのボタン追加で記事作成効率化
2 Akismet スパム対策
3 All in One SEO Pack SEO対策 ※賢威の場合は不要
4 Broken Link Checker リング切れを通知
5 Contact Form 7 問い合わせフォームの設置
6 Google XML Sitemaps サイトマップをGoogleに送信
7 No Self Pings 内部リンク設置時の通知の無効化
8 Pretty Link Lite 短縮URLの作成
9 PS Auto Sitemap 記事一覧自動生成
10 PubSubHubbub 記事作成時にGoogleへ自動通知
11 Table of Contents Plus 自動目次作成
12 WordPress Popular Posts 人気記事ランキング自動作成
13 WordPress Related Posts 関連記事表示

この時もエクセルを使うことによって
効率的に表を作成することが可能です。

関連記事→ MKEditor for windowsの設定方法と使い方

今回はエクセルの便利機能の一つ
「文字列の結合方法」を紹介しましたが、

この機能以外にも様々な便利機能がエクセルにはあります。

エクセルだけではなく、今では様々な便利ツールがあります。

基本的に「規則性のあるものはツールで効率化する」
と考えて、自分で操作する部分は
減らしていきましょう。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

記事が少しでもお役にたるものだと思われたら、
下のボタンからシェアをして頂けると嬉しいです。

ブログの始め方・稼ぎ方をまとめた7日間無料の「副業ブログ講座」を開設中です。

↓↓↓メルマガ登録は下のフォームから↓↓↓

友だち追加