記事作成

ブログの記事の書き方のコツ!3つのポイントで簡単に文章は書ける!【テンプレート付き】

PC

ブロガーにとって、文章を書くことは基本中の基本です。

でも、初心者ブロガーにとっていざ、文章を書くとなるとどうやったらいいのか・・・と悩んでしまいませんか?

社会人にとって、専門的に文章を学習できる機会は、そうそうはありませんよね。

この記事では、わかりやすい文章をかくためのテンプレについて紹介をしています。

テンプレがあれば、それにそって文章を書けばいいのでとても簡単です。

是非、やってみてください。

ブログの記事構成

ブログの記事構成は3つになります。

  1. リード文
  2. 本文
  3. まとめ

です。

それぞれについて、解説していきます。

リード文を書く

読者に本文に誘導する大切な部分です。

本に例えるなら、「はじめに」の部分にあたります。

読者がこの記事を読み進めるかどうかを判断する大切な部分なので、この記事がどのような内容で書かれているのかを

ざっくりと全体像を示しましょう。

そして、読者の悩みや疑問に触れると、読者にとっては共感してもらえます。

その上で、この記事を読めば解決するのだということを伝えます。

たとえば、こちらの記事でも「ブログの記事の書き方のコツ!テンプレを知れば簡単に文章は書ける!」というタイトルの下にリード文がありますね。

本文のテンプレ

読者にわかりやすい文章の特徴は

  • 読みやすい
  • わかりやすい
  • 信頼できるデータや客観的事実がある

ことを心がけます。
テンプレは以下になります。

本文のテンプレ

  1. 主張を書く、ただし結論を先に書く
  2. ①についての理由や根拠を述べる
  3. 具体例
  4. 読者からの反論を想定しその気持を受け止めて、共感する

本文のテンプレをあてはめた文章の例題

以下に本文の文章をあてあめた例題を作成しました。

【主張を書く:結論を先に】

どんなにいい情報でも、読者に読んでもらえる伝わる文章でなくては価値を提供できません。

また、どんなに読みやすい文章であってもそもそもブログの記事に「目次」がないと、記事の概要が分からないのです。

「目次」があることで、読者にこれから価値提供する内容について全体像を意識してもらい、準備をしてから本題に入っていくことができるのです。

ブログの記事に目次が必要なのかどうかを、一緒に考えてみましょう。

ブログ記事には、絶対に目次は必要です。

紙媒体の本でも、目次があります。

ブログもネット上の本だとすれば、目次はほしいですね。

たとえば、目次を見ないで最初から本を読む人もいれば、目次を見て自分が読みたい箇所のページだけを読む人もいます。

ブログ記事でも同じことが言えます。

読者の知りたい見出しにすぐにジャンプできる機能が目次にはあります。

【理由や根拠】

目次の機能とはなんでしょうか。

目次の役割は、目次をみれば内容が一瞬でわかるものです。

なぜならば、読みやすい文章というのは、読書の頭を整理させる
ことができます。

それは脳科学的にも立証されています。

また、読みやすい文章や目次の重要性については、

有名な専門家の〇〇氏が、以下のように述べています。

引用内容を記載

引用文章のURLを記載。

目次の書き方として、レポートなら文字の量がいくら少ない場合でも、目次だけで紙媒体なら最低1ページが必要です。

本であれば、目次だけで数ページあります。

目次で書くことは、章と節のタイトルと、そのページ数です。

これを、ネット上のブログで考えれば、見出し2つ以上なら目次が必要でしょう。

【具体例】

例えば、そもそも目次がないブログ記事であったらどうでしょうか?

ブログの記事を読者が読むときに、何を筆者が言いたいのかわかりにくくなります。

そして、読者はブログ記事を読み進めると迷子になってしまうどころか、そもそも読む価値がないと判断されてしまいます。

せっかく素晴らしい情報を書いたブログ記事でも、読者に届けられないことになりますから。

【読者からの反論を想定し受け止めて共感するけど、主張する】
そうは言っても、あなたは目次がなくても記事は読めるんじゃないの?と反論するかもしれません。

そうですよね。
ほんのわずかな、紙媒体のわずか4ページの文章案件には、目次はないことがありますね。

でも私達が書く文章は、ネット上で記事の全体像の構成を示しています。

よって、目次が絶対に入れるべきものです。

まとめを書く

まとめで、読者に情報を整理させることを心がけましょう。

まとめのポイントは、

長い文章ではなく簡潔に書きます。   

そして、本文で書けなかったことを補足をかくようにしましょう。

また、締めくくりの言葉を書きます。
例:今回は〇〇を解説しました

といように書けばOKです。

また、案件によっては、読者にアクションを促すこともできます。   

例:お困りの方はこちらへと、お問い合わせ先を書く

例:コメントをお待ちしています。

というように書くことができます。

ブログの記事の書き方のコツのまとめ

ブログの記事の書き方の、テンプレを紹介しました。

文章は、テンプレを使ってあてはめていけば、文章をどのように書きすすめていいのかわかると思います。

また、文章は書いたら、修正して、また書いてを繰り返すと必ず上達します。

ブログでお金と心が豊かになるメルマガ講座無料開設中!

登録はこちらをクリック↓ ↓ ↓

ブログでお金と心が豊かになる メルマガ講座